自分の歯のように食べたい(インプラント)

implant

歯を失ったときに、生体親和性の高いチタン製のインプラント体を歯のなくなった部分のアゴの骨に埋め込み、インプラント体が骨と結合してから人工の歯を被せて回復する治療がインプラントです。

前後の歯を削ったり、負担をかけないで自分の歯のように使用できます。

当院では、最新の歯科用CTを導入しており3次元的に骨の量、厚み等を術前に確認することで安心にインプラント治療を行えます。

インプラントは決して万能なものではありません。

インプラント治療を希望される患者様には、メリット・デメリット、リスク、施術後のメンテナンスまできちんと説明した上で治療を選択していただいています。

インプラント義歯も対応しております。

インプラント抜歯即時埋入も行っております。

通常保存不可能な歯を抜歯した後、骨が成熟するのを3ヶ月程度待ってからインプラント埋入を行いますが、抜歯した日にインプラント埋入を行うことでインプラント周囲の骨を保存でき、治療の期間を短縮できます。

インプラント治療の流れ

4874765277_ef4aee7325_o
 
インプラント術前検査
歯周病の検査、歯型をとりお口の中の状態を確認します。
またCT撮影を行いインプラントを支える骨の状態を三次元的に撮影します。
 
 

376556717_682ee9a149_b

インプラントオペ
術前検査の状報を考慮し体調に問題なければ、インプラントオペを行います。
オペ時間はインプラント体を打つ本数によりますが、約2時間ほどです。
局所麻酔下で行うため、当日には食事が可能です。
その後翌日に消毒し、10日前後で抜糸を行います。
 
 

0867010006

 

インプラント上部構造のための印象
オペ後2、3ヵ月した後、噛むための冠を作成し始めます。歯肉の下にインプラント体が埋まっていますので、歯肉を一部切開しインプラント体の頭のネジ部分を出してからインプラント専用のトレーを使用して型取りを行います。この時に仮の歯も入ります。
 
 
 

0867010008
 
 
 

インプラント上部構造完成
型取した後、一度インプラントにつける土台の部分の状態を確認し、最終的な被せものが出来上がります。